Virtual Office

バーチャルオフィス活用で劇的なコストダウンを実現

オフィスを持つとくれば、物件を借りることという発想は、すでに過去のものです。かつては、オフィスを構えること自体が一種のステータスという発想があり、実際に仕事をするために立派なオフィスが必要かどうかに関わらず、高額な家賃を払ってでも自分用のオフィスを持ちたいと考える人が沢山いました。
今では、この点もっと合理的な考え方が主流になってきています。そのいい例がバーチャルオフィスです。高い賃料を払って執務スペースを借りるということをせずに、事業用の住所と電話番号だけをレンタルする。実務は、自宅で十分事足りるので問題ない。そうしたビジネスの運用方法が、より理に適ったものとして選ばれるようになってきました。
バーチャルオフィスを活用する大きなメリットは、物件を借りるのに比較すると利用料が格段に安いため、経営上、大幅なコストダウンを実現できることです。さらに、会社登記が可能なバーチャルオフィスを利用した場合は、支払う税金を節約できる可能性もあります。レンタルした住所で会社登記すると、自宅用賃貸物件の月々の賃料の一部を経費扱いにすることが可能になります。どの程度の節税効果があるか、詳細は税理士さんに相談してみるといいでしょう。